耳管開放症 耳垢

耳管開放症と耳垢とはどのような関係があるのか

スポンサーリンク

耳管開放症と耳垢との関係について詳細を解説していきます。

 

耳管開放症という病気があります。
耳管というのは、鼻と耳をつないでいる管のことで
普段は閉ざされている状態ですが、あくびをしたり唾を飲み込んだりした場合は
この耳管が開いて、鼓膜の内側と外側のバランスを取る仕組みになっています。

 

しかしこれが何かの原因で、ずっと開いたままになると
耳鳴りが強くしたり、耳が詰まったように感じたり
自分の声が耳の中で反響するように聞こえることがあります。

 

これは耳管開放症の代表的な症状ですので、これらの症状がある場合
特に段々強くなる場合は、すぐに耳鼻咽喉科を受診するのがお勧めです。

 

治療方法は手術が中心です。


スポンサーリンク


ところで、自分の声が響くように聞こえるのはなぜでしょうか。
それは、ふだん閉ざされている耳管が開いているため、自分の声がのどから耳にダイレクトに伝わるためです。
原因としてはストレスや血行不良、ダイエットなどによる脂肪の減少や水分の不足などが挙げられます。
ですから耳を温めたり、水分を補給したりすることで自然に治る場合もあります。

 

また気を付けたいのは耳垢です。

 

特に鼻をすするくせがあると、それによって鼓膜にへこみができ
耳垢がそこにたまりやすくなります。

 

実際耳管開放症の場合は、かなり大きな耳垢がある人が多く
それが炎症のもととなる可能性もありますので、鼻すすりはしないように気を付けましょう。

 

それにしても耳垢が出来やすい病気って、何だか嫌なかんじですね(汗)


スポンサーリンク